静岡県引佐地区にある龍潭寺を訪れました。
奈良時代に建てられたこのお寺は井伊氏の菩提寺。まるで茶庭のような、細やかに手入れされた境内の庭もさることながら、境内の北側に位置する小堀遠州作の「ふだらくの庭」と名がつく庭園は東海一と言われるほど美しい庭。

ちょうど、山紫陽花やくちなしの花が見頃で、甘い香りが辺りに漂っていました。