「プラテーロとわたし」

「プラテーロとわたし」

 

 
「銀」はスペイン語で「プラータ」、銀色のロバは「プラテーロ」と呼ばれているそうです。

先月の取材で訪れた浜松市肴町にある、銀のアクセサリーの制作と販売のお店「プラテロ」。

お店の名前の由来となった本だと聞いて、早速購入したJ.R. ヒメネス作「プラテーロとわたし」のページをめくることが、最近のお気に入りの読書時間です。

「プラテロ」がオープンしたのは1978年。以来40年、お店でアクセサリーを作り続けているオーナー夫妻の優しい人柄と、制作するデザインの魅力で今も変わらずお客さんは絶えません。

「プラテーロとわたし」は、月のように銀色の、柔らかい毛並みのロバのプラテーロに、主人公が日常のよろこびと哀しみを優しく語りかける138篇の散文詩。
何気ない出来事や風景の描写が歌のように美しい言葉で綴られ、なぜか心にじんわり染みてきます。

銀色のロバはいないけれど、銀色っぽい毛色の猫を撫でながら、スペインのアンダルシアの田園の景色を想像して読んでいます。
 

 
 
取材した記事は、浜松いわた信用金庫発行の冊子「夢風便り」(vol.5)の「ぶらり黒猫の街さんぽ-この路(みち)を行けば-」に掲載されております。
 
 

プラテロの店内の様子

「夢風便り」(vol.5)」より  発行/浜松いわた信用金庫 


 
 
 
© 2009 myoujoulibrary
Copyright © 2021 Myoujou Library | My Music Band by Catch Themes