谷瀬集落のある十津川村は奥大和、奈良県の最南端に位置し、村としては日本一の面積を有する村。世界遺産である熊野参詣道「小辺路」と「大峯奥駆道」が村を縦断しています。
その北部に位置する「谷瀬」集落を紹介する冊子「谷瀬」がこの春に完成いたしました。

「秘境の郷」とも言われ、雄大な紀伊山地の山々、清らかな水が豊かに流れる谷瀬集落には、住民による独自の集落作りや、静かで美しい景観、日本一の長さの「谷瀬の吊り橋」などなど、皆様に訪れていただきたいような魅力に満ちています。この冊子が、皆様と「谷瀬」を結ぶ架け橋となりますように。

また、明星ライブラリーでは、今後も「谷瀬」集落の日々の様子などをHPを通してお伝えして参ります。

※「谷瀬」は関西地方を中心に配布予定となっております。

・冊子「谷瀬」
・発行/谷瀬集落
・協力/十津川村・奈良県
・制作/明星ライブラリー
・写真/朝野耕史