奈良県明日香村、キトラ古墳にて。
調査が始まったのは1983年、長い年月をかけて内部の石室の壁画を取り出し、2016年に古墳の復元、整備が完成。隣接するキトラ古墳壁画体験館「四神の館」では原寸大の石室と天文図、四神などの壁画が復元されたものが鑑賞出来ました。天井の天文図については、本格的中国式天文図としては世界最古のものであり、その目的や277個の星の観測地点など、謎は尽きません。