「五月礼讃」

 

五月礼讃

 

 
 

慌ただしく過ごしていた5月も今日で終わりですが、

与謝野晶子のこの詩を一年に一度、声に出して読んでみたくなります。

季節の巡りの眩さ、みずみずしさ、命の讃歌のようなこの詩を謳うことで、今年も美しい自然の巡りの中に自分がいたことを感じたいと思う。

 

「五月礼讃 / 与謝野晶子」

五月は好い月、花の月、
芽の月、香の月、色の月、

ポプラ、マロニエ、プラタアヌ、
つつじ、芍薬(しやくやく)、藤(ふぢ)、蘇枋(すはう)、
リラ、チユウリツプ、罌粟(けし)の月、

女の服のかろがろと
薄くなる月、恋の月、

巻冠(まきかんむり)に矢を背負ひ、
葵(あふひ)をかざす京人が
馬競(うまくら)べする祭月、

巴里の街の少女等(をとめら)が
花の祭に美くしい
貴(あて)な女王を選ぶ月、

わたしのことを云ふならば
シベリアを行き、独逸(ドイツ)行き、
君を慕うてはるばると
その巴里まで著(つ)いた月、

菖蒲(あやめ)の太刀(たち)と幟(のぼり)とで
去年うまれた四男目の
アウギユストをば祝ふ月、

狭い書斎の窓ごしに
明るい空と棕櫚(しゆろ)の木が
馬来(マレエ)の島を想(おも)はせる

微風(そよかぜ)の月、青い月、
プラチナ色の雲の月、
蜜蜂の月、蝶の月、

蟻も蛾となり、金糸雀(かなりや)も
卵を抱く生の月、

何やら物に誘られる
官能の月、肉の月、

ヴウヴレエ酒の、香料の、
踊の、楽の、歌の月、

わたしを中に万物が
堅く抱きしめ、縺(もつ)れ合ひ、
呻(うめ)き、くちづけ、汗をかく

太陽の月、青海(あをうみ)の、
森の、公園の、噴水の、

庭の、屋前(テラス)の、離亭(ちん)の月、
やれ来た、五月、麦藁で

細い薄手の硝杯(こつぷ)から
レモン水をば吸ふやうな
あまい眩暈(めまひ)を投げに来た。

 
 
photo / masami
2021/5/31

© 2009 myoujoulibrary
Copyright © 2021 Myoujou Library | My Music Band by Catch Themes